Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PNC、Winnyの利用状況などを報告する企業ネットワーク診断サービス

プロフェッショナル・ネットワーク・コンサルティングは、企業ネットワークにおけるP2Pソフトやチャットなどの利用状況を診断する「PNC ネットワーク診断サービス」の提供を開始した。価格は9万8000円から。

同サービスでは、企業のゲートウェイに機器を設置した上でインターネット回線をモニターし、利用状況を診断するもの。WinnyやShareといったP2Pソフト、チャット、オンラインゲームなど、セキュリティ上問題があるアプリケーションや業務の効率を悪化させるアプリケーションによる通信を検出して報告する。

モニター期間は72時間で、診断終了後、同社の専門スタッフが調査ログを持ち帰って解析し、解析報告書とネットワーク診断書を作成、報告会を実施する。

(Security NEXT - 2006/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
「ドコモ口座」の被害申告状況を更新 - NTTドコモ
調査員が国勢調査の調査世帯一覧を紛失 - 泉南市
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を