Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PNC、Winnyの利用状況などを報告する企業ネットワーク診断サービス

プロフェッショナル・ネットワーク・コンサルティングは、企業ネットワークにおけるP2Pソフトやチャットなどの利用状況を診断する「PNC ネットワーク診断サービス」の提供を開始した。価格は9万8000円から。

同サービスでは、企業のゲートウェイに機器を設置した上でインターネット回線をモニターし、利用状況を診断するもの。WinnyやShareといったP2Pソフト、チャット、オンラインゲームなど、セキュリティ上問題があるアプリケーションや業務の効率を悪化させるアプリケーションによる通信を検出して報告する。

モニター期間は72時間で、診断終了後、同社の専門スタッフが調査ログを持ち帰って解析し、解析報告書とネットワーク診断書を作成、報告会を実施する。

(Security NEXT - 2006/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
サーバ管理ソフトウェア「Froxlor」にXSS脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
CrowdStrike、「Microsoft Defender」との併用製品を投入 - 「破格の料金」と自信
MS 365アカウントに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - セガ子会社
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正した。