Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未知の脅威にも対応する企業向けスパイウェア対策製品を発売 - ウェブルート

ウェブルート・ソフトウェアは、企業向けのスパイウェア対策ソリューション「Spy Sweeper Enterprise 3.1」を8月1日より発売する。

同製品では、APIではなくディスクスキャンによりスパイウェアを検出するため、カーネル部分に侵入しようとするrootkitなどにも対応する。また、スパイウェアの典型的な動作を監視し、検知する「スマートシールド」を15種類搭載しており、亜種をはじめとする未知の攻撃にも対応するという。

そのほか、スパイウェア以外にもネットワークの帯域を大量に消費するアプリケーションやP2Pソフトウェアなどに関しても検知し、管理者にレポート。必要に応じて削除することが可能。

(Security NEXT - 2006/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を