Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未知の脅威にも対応する企業向けスパイウェア対策製品を発売 - ウェブルート

ウェブルート・ソフトウェアは、企業向けのスパイウェア対策ソリューション「Spy Sweeper Enterprise 3.1」を8月1日より発売する。

同製品では、APIではなくディスクスキャンによりスパイウェアを検出するため、カーネル部分に侵入しようとするrootkitなどにも対応する。また、スパイウェアの典型的な動作を監視し、検知する「スマートシールド」を15種類搭載しており、亜種をはじめとする未知の攻撃にも対応するという。

そのほか、スパイウェア以外にもネットワークの帯域を大量に消費するアプリケーションやP2Pソフトウェアなどに関しても検知し、管理者にレポート。必要に応じて削除することが可能。

(Security NEXT - 2006/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信ミスが発生、謝罪メールでも - 中央書店
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 島田掛川信金
新型コロナ配食サービスで伝票重ね貼り、別人の個人情報 - 岡崎市
サイバー攻撃で公式アプリ会員のメアドなど流出 - 食肉小売チェーン
「Exchange Server」ゼロデイ脆弱性、緩和策も刻々変化
全日本スキー連盟の会員管理システムに不具合 - 検索機能に不備
がん検診受診者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 東京曳舟病院
YouTubeから誘導、ライブ配信サービス装う詐欺サイトに警戒を
Chrome、前回リリースから3日で再度アップデート - 3件のセキュリティ修正
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND