Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報検出ソフト「P-Pointer」を機能強化 - KLabセキュリティ

KLabセキュリティは、個人情報検出ソフトの最新版「P-Pointer3.1」を7月20日より発売する。

同製品は、パソコン内の個人情報を抽出するソフトウェア。地名や人名、電話番号、メールアドレスなど、従来より搭載している個人情報に関する基本辞書4種類に加え、企業名辞書、勘定科目辞書を追加した。

さらに、ユーザーが固有名詞などを単語登録できる「ユーザ辞書機能」を強化。20種類の辞書を登録することができる。

(Security NEXT - 2006/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃