Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティイベント登録者情報を誤って第三者提供

2006年4月に開催されたセキュリティイベント「RSA Conference Japan 2006」の一部登録者情報が、本人の許可なく誤って第三者へ提供されていたことがわかった。

主催したCMPテクノロジージャパンによれば、同カンファレンス基調講演の聴講者情報662名分を、本人の許可を得ずに誤って協賛企業へ提供してしまったという。

同社ではウェブサイトで登録申し込みを実施し、個人情報取得する際、但し書きに一部表記の漏れがあり、協賛企業へ情報を提供することが案内されていなかったという。

誤って提供された個人情報は、登録者の勤め先情報など。同社では、提供した企業へ連絡し、データを回収した上で削除した。また、監督官庁である経済産業省へ事故を報告している。

(Security NEXT - 2006/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力