Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティイベント登録者情報を誤って第三者提供

2006年4月に開催されたセキュリティイベント「RSA Conference Japan 2006」の一部登録者情報が、本人の許可なく誤って第三者へ提供されていたことがわかった。

主催したCMPテクノロジージャパンによれば、同カンファレンス基調講演の聴講者情報662名分を、本人の許可を得ずに誤って協賛企業へ提供してしまったという。

同社ではウェブサイトで登録申し込みを実施し、個人情報取得する際、但し書きに一部表記の漏れがあり、協賛企業へ情報を提供することが案内されていなかったという。

誤って提供された個人情報は、登録者の勤め先情報など。同社では、提供した企業へ連絡し、データを回収した上で削除した。また、監督官庁である経済産業省へ事故を報告している。

(Security NEXT - 2006/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市
子育て支援センターの登録者カードが所在不明 - 新潟市
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
ゲームイベントサイトに攻撃、出展者の掲載画像が消失
アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も