Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、Winnyを起動した痕跡だけでも隔離できる検疫ソリューション

京セラコミュニケーションシステムは、クライアントPC検疫ソリューション「NET BUREAU POLICY ENFORCER」にWinny対策機能を追加、7月10日より発売する。

同製品は、セキュリティポリシーを満たさないパソコンが社内ネットワークに接続するのを防止する検疫ソリューション。今回、あらたにWinny対策機能が追加された。

Winnyを起動した痕跡のあるパソコンをネットワークから隔離でき、すでに接続しているパソコンがWinnyを起動した場合も、ただちに検知してネットワークから切断する。月ごとに提出されるレポートにより、管理者はセキュリティポリシーの遵守状況やポリシー違反者を把握することができる。利用料金は1ID当たり980円。初期登録費用が別途必要となる。

(Security NEXT - 2006/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス