Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テクマトリックスら、DBセキュリティの導入を容易にするソリューションを発売

テクマトリックスは、データベースのセキュリティ強化を短期間で実現するソリューション「DB内部監査スタートパック」を、7月下旬より発売する。

同ソリューションは、企業内のデータベースに対するアクセス監視を行い、セキュリティ強化を実現するもの。日本IBMとアイピーロックス ジャパンとの協力により実現した。

アイピーロックスのデータベースセキュリティソフト「IPLocks」に、IBMのデータベース管理ソフト「IBM DB2 UDB V8.2」、アプリケーションサーバソフト「IBM WebSphere Application Server V6.0」、IAサーバ「IBM System x」を組み合わせて提供する。

必要な機能があらかじめ組み込まれており、ウィザードに従ってユーザー自身で監視設定などが行えるため、短期間でデータベースのセキュリティ強化が実現できるのが特徴。企業のデータベース規模や目的に合わせて、3種類のパッケージから選べる。価格は、エントリー版が198万円から。

(Security NEXT - 2006/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ