Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内金融機関のセキュリティ対策は世界最高水準 - トーマツ調査

国内金融機関のセキュリティ対策が世界トップクラスであることがわかった。デロイトトウシュトーマツなどが世界中の金融機関を対象にセキュリティ調査を実施し、判明したもの。

今回結果が公表されたのは、「2006 Global Security Survey」と題された調査で、世界中の金融機関におけるセキュリティ担当幹部を対象に実施された。今回で4回目を迎えている。

トーマツによれば、前回から外部者から攻撃を受けた金融機関が昨年の26%から78%へ大幅に増加。システムへの不正アクセスや情報漏洩など、約半数の組織が内部関係者による攻撃の経験があったという。

国内の金融機関については、個人情報保護法の影響もあり、セキュリティ攻撃の被害も最も少かった結果、全14のカテゴリーの中で、8つの分野で最高を記録し、全6地域でトップになるなど、高成績を記録したという。

個人情報保護のためのプログラムの整備や担当役員の任命など、調査を行った金融機関すべてで実施されていたという。また、セキュリティ戦略の策定やセキュリティに関する教育教育なども9割以上で行われていた。

(Security NEXT - 2006/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口