Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「HDE Mail Filter 3」の新バージョンが登場

ホライズン・デジタル・エンタープライズは、メールセキュリティソリューション「HDE Mail Filter 3」シリーズを7月より順次発売する。

同製品は、メール経由の情報漏洩防止や送受信内容の保存を行うソフトウェア。ゲートウェイアーカイブサーバーの複数台構成に対応しているほか、柔軟に管理者を設定できる「マルチアドミン機能」を搭載している。

今回発表されたバージョンでは、メールの内容が改ざんされていないことを証明できる「アーカイブメールの非改ざん証明機能」を装備。フィルターの多階層化に対応したほか、事故発生時に管理者の不正やミスなど原因調査に役立つ「管理者操作ログ機能」などが追加されている。

(Security NEXT - 2006/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性