Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット接続申込客の情報を誤って公開サーバ上に保存 - PCデポ

ピーシーデポコーポレーションは、同社東名川崎店において、一部顧客情報を公開サーバ上へ保存し、第三者に閲覧された可能性があることを明らかにした。

流出した可能性がある情報は、同店舗で受け付けたインターネットプロバイダーの申し込み情報など。氏名や住所、電話番号、契約内容など、1304名分の個人情報で、取引先営業担当者なども一部含まれていたとしている。情報は、6月17日午後から翌18日の早朝まで、個人で契約していた公開サーバ上へ保管されていた。

同社では、関係者に対して文書で謝罪する。また、19日より全店でブロードバンド接続に関する受付業務を停止し、セキュリティなどの見直しを実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
サーバ管理ソフトウェア「Froxlor」にXSS脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
CrowdStrike、「Microsoft Defender」との併用製品を投入 - 「破格の料金」と自信
MS 365アカウントに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - セガ子会社
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正した。
米当局、「Chromium」の脆弱性悪用に警鐘 - 派生ブラウザでも注意を