Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユニテックスが磁気テープ消去ソフトを発売 - 複数本同時削除にも対応

ユニテックスは、磁気テープのデータ消去ソフト「TapeINIT&ERASE for Windows」を、6月28日より発売する。

同製品は、磁気テープを再利用または廃棄する際に、以前のデータを完全に消去して情報漏洩を防止するソフト。任意に指定したデータを上書きして消去するほか、上書きデータを利用しないERASEコマンドを発行してブランクテープを作成することもできる。

消去パターンを選択して実行するだけで利用でき、最大で4本のテープを同時消去にも対応した。ソフトのみの販売と、同社の磁気テープ装置と組み合わせたシステム販売の2種類が用意されている。

(Security NEXT - 2006/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性12件を修正
「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も