Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユニテックスが磁気テープ消去ソフトを発売 - 複数本同時削除にも対応

ユニテックスは、磁気テープのデータ消去ソフト「TapeINIT&ERASE for Windows」を、6月28日より発売する。

同製品は、磁気テープを再利用または廃棄する際に、以前のデータを完全に消去して情報漏洩を防止するソフト。任意に指定したデータを上書きして消去するほか、上書きデータを利用しないERASEコマンドを発行してブランクテープを作成することもできる。

消去パターンを選択して実行するだけで利用でき、最大で4本のテープを同時消去にも対応した。ソフトのみの販売と、同社の磁気テープ装置と組み合わせたシステム販売の2種類が用意されている。

(Security NEXT - 2006/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害