Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トラステッド、秘密分散法によるファイル転送サービスを無償提供

トラステッドソリューションズは、秘密分散法を使用したファイル転送サービス「ぶんさん便」の提供を開始した。非商用利用に限り、無償で利用することができる。

同サービスは、同社サイトにてダウンロードできる「ぶんさん便アプリケーション」を利用し、ファイルを2片に分散した上で暗号化できるサービス。秘密分散法により両方のデータが揃わないと復元できず、一方を同社サーバ上に保存することで安全にデータの受け渡しを行える。

データ分割は、比率を設定することも可能。さらに「ぶんさん便アプリケーション」では、サーバを使用せずに双方の分散片ともローカルのPC環境に格納することもできる。

同社では今回の無償提供により、秘密分散法の適用事例を実際に体験してもらうことで特性や優位な点などへの理解を広げたいとしている。

(Security NEXT - 2006/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を