Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トラステッド、秘密分散法によるファイル転送サービスを無償提供

トラステッドソリューションズは、秘密分散法を使用したファイル転送サービス「ぶんさん便」の提供を開始した。非商用利用に限り、無償で利用することができる。

同サービスは、同社サイトにてダウンロードできる「ぶんさん便アプリケーション」を利用し、ファイルを2片に分散した上で暗号化できるサービス。秘密分散法により両方のデータが揃わないと復元できず、一方を同社サーバ上に保存することで安全にデータの受け渡しを行える。

データ分割は、比率を設定することも可能。さらに「ぶんさん便アプリケーション」では、サーバを使用せずに双方の分散片ともローカルのPC環境に格納することもできる。

同社では今回の無償提供により、秘密分散法の適用事例を実際に体験してもらうことで特性や優位な点などへの理解を広げたいとしている。

(Security NEXT - 2006/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を