Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフエム滋賀、プログラムミスでメルマガ登録者のアドレスが流出

エフエム滋賀のメールマガジン登録者500名分のメールアドレスが、プログラムミスにより流出したことがわかった。

同社によれば、5月26日にメールマガジンを配信する際、登録者のうち1000名に対し、他の登録者500名のアドレスが閲覧可能な状態で送信してしまったという。

誤送信の原因はメールマガジン送信用システムのプログラムミスで、同社では該当する登録者に対し、26日中に謝罪のメールを送るとともに、誤送信されたメールの削除を依頼した。

また再発防止に向けて、メールマガジンの配信を一時停止して、配信システムや作業の見直しを進めるとしている。

(Security NEXT - 2006/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性12件を修正
「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明