Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフエム滋賀、プログラムミスでメルマガ登録者のアドレスが流出

エフエム滋賀のメールマガジン登録者500名分のメールアドレスが、プログラムミスにより流出したことがわかった。

同社によれば、5月26日にメールマガジンを配信する際、登録者のうち1000名に対し、他の登録者500名のアドレスが閲覧可能な状態で送信してしまったという。

誤送信の原因はメールマガジン送信用システムのプログラムミスで、同社では該当する登録者に対し、26日中に謝罪のメールを送るとともに、誤送信されたメールの削除を依頼した。

また再発防止に向けて、メールマガジンの配信を一時停止して、配信システムや作業の見直しを進めるとしている。

(Security NEXT - 2006/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も