Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力の資料流出事故が被害拡大、 「Share」経由で

中部電力の関係会社である中電防災から火力発電所に関する資料が流出した事故で、あらたに25件の資料流出が判明した。

同社では、5月14日に尾鷲三田火力発電所に関する資料8件のネット流出を明らかにしているが、その後の調査により、消防関連設備の点検記録や研修、訓練関係書類など25件の流出があらたに確認されたという。

流出時期は5月11日で、同従業員が自宅パソコンに導入していたファイル交換ソフト「Share」を介して流出したことも判明。同社では、関係会社も含めた全従業員に対し、私用パソコン内の業務データを再点検するよう指示したとしている。

(Security NEXT - 2006/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み