Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力の資料流出事故が被害拡大、 「Share」経由で

中部電力の関係会社である中電防災から火力発電所に関する資料が流出した事故で、あらたに25件の資料流出が判明した。

同社では、5月14日に尾鷲三田火力発電所に関する資料8件のネット流出を明らかにしているが、その後の調査により、消防関連設備の点検記録や研修、訓練関係書類など25件の流出があらたに確認されたという。

流出時期は5月11日で、同従業員が自宅パソコンに導入していたファイル交換ソフト「Share」を介して流出したことも判明。同社では、関係会社も含めた全従業員に対し、私用パソコン内の業務データを再点検するよう指示したとしている。

(Security NEXT - 2006/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
「IBM Security Guardium」に複数脆弱性 - パッチの適用を
NetflixのOSS「Genie」に脆弱性 - アップデートを提供
ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP