Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力から原発情報がWinnyネット上へ流出

東京電力から原子力発電所に関連する資料がWinnyネットワーク上へ流出したことがわかった。今回の流出は、原子力安全・保安院の指摘により判明したもので、同院は同社へ厳重注意を行った。

東京電力によれば、流出した資料は、原子力発電所の運転員がプラントの運転管理を行うための研修用資料。福島第一原子力発電所の職員が研修資料を自宅に持ち帰り、私用PCで利用したところ暴露ウイルスに感染、Winny上へ流出したという。

資料は、社外の研修機関が作成しており、核物質に関する情報などは含まれていないという。同社では、流出経路や時期など原因を究明を目指し、再発防止策などを推進するという。

(Security NEXT - 2006/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多