Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統計調査員台帳管理システムの操作マニュアルがWinny流出 - 静岡県

静岡県は、委託先である静岡情報処理センター担当者の私用パソコンがウイルスに感染し、開発中の登録統計調査員台帳管理システムの操作マニュアルがWinnyネットワーク上に流出したと発表した。

流出したのは、統計調査員台帳管理システムの操作マニュアルに関する情報で、5月4日に流出したという。操作説明書、および同社が作成した架空の調査員名、住所などが含まれていた。データは開発段階のもので、実在する個人情報は含まれていないとしている。

5月10日に総務省からの指摘で判明。原因は、委託先の担当者が許可を得ずデータを持ち帰って自宅のパソコンで作業し、作業完了後もデータを削除せず残していたためで、その後パソコンがウイルスに感染し、Winny経由で流出した。

同県では、委託事業者の情報管理体制およびセキュリティ対策の指導徹底を実施し、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日経新聞の海外現地法人がランサム被害 - 原因や影響を調査中
東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開
会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
ほくせんカードの会員サイトにSQLi攻撃 - 顧客情報4.4万件が流出の可能性