Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本データ通信協会の不正アクセス事件で元職員を逮捕

日本データ通信協会が不正アクセスを受け、同協会が運営する電気通信国家試験センターの個人情報が流出した事件で24日、元同協会職員が不正アクセス禁止法の容疑で逮捕された。

問題となった事件は、2006年3月に同協会のメールサーバが不正アクセスを受け、2006年度第1回工事担任者試験の申請者情報が流出したもの。さらに742名分の申請データが削除されるなど、被害が発生していた。

不正アクセスには在籍時のパスワードなどを利用したと見られている。同協会では、警察へ捜査協力をしていきたいとしている。

(Security NEXT - 2006/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
保護動物情報を掲載する山口県動物愛護センターのサイトが改ざん
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
「Joshin web」のフィッシングサイトに注意 - 「3Dセキュア」も要求
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
10月のDDoS攻撃、前月から減少 - IIJまとめ