Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修医のPCから患者情報が流出 - 福井県立病院

福井県立病院は、研修医の私用パソコンがウイルスに感染し、患者32名分の個人情報がネット上に流出したと発表した。

他の医療機関から実習に来ていた研修医が、作業のため同情報を持ち出して自宅のパソコンにコピー。パソコンにはWinnyが入っており、暴露ウイルスによりネット上に流出したという。

流出したのは、同病院の患者32名分の情報。同病院では、患者情報を持ち出す際、匿名化を義務付けていたが、今回、氏名、年齢、病名、画像などが含まれていた。

該当する患者に対し個別に謝罪を実施。今後は規定の周知徹底を図って、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院