Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都内の中学生約1200名の個人情報をWinny上に流出 - 栄光ゼミナール

学習塾の栄光ゼミナールにおいて、非常勤講師の私用パソコンがウイルスに感染し、中学生1207名分の個人情報を含む生徒募集用の名簿がネット上に流出したことがわかった。

流出した名簿には、2003年11月当時、東京都あきる野市および福生市に在住の中学2年生、3年生の個人情報が記載されていた。氏名、住所、生年月日、保護者名などで、このうち252名は電話番号も含まれているという。また、塾生14名分の学習経過なども含まれていた。

不要となった塾のフロッピーディスクを同講師が自宅へ持ち帰り、パソコンで再使用した際、個人情報に気付かぬままディスク内のデータをパソコンにコピー。同パソコンにはWinnyが入っており、ウイルスに感染したことによりネットワーク上に流出したという。

同社では該当する学生や保護者に対し、事実説明と謝罪を行った。今後は、個人情報の持ち出しを禁止する社内規定を周知徹底し、再発防止したいとしている。

(Security NEXT - 2006/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者