Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北洋銀行、顧客情報記載の伝票を保管箱ごと紛失

北洋銀行は、東屯田支店において、顧客情報約1万件が記載された伝票綴りを、収納していた保管箱ごと紛失したと発表した。

2006年3月9日に過去の取引内容の確認を行った際、保管箱ごと紛失しているのが判明した。所在が不明となっているのは、同支店において2001年3月23日から同年4月10日の間に取り引きされた分の伝票で、推定約1万件の情報を含むという。顧客の氏名、口座番号、取引金額などが記載されていた。

同行では、保存期間が過ぎた伝票類と一緒に誤って廃棄処分にした可能性が高いとしている。同行では今後、顧客情報管理のさらなる強化に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ