Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、4月の月例パッチ公開 - 深刻度「緊急」3件含む

マイクロソフトは、4月の月例パッチをリリースした。今回は、深刻度が「緊急」とされる脆弱性3件を含んでいる。

今回、対応に緊急を要するとされるものは、「Internet Explorer」や「Windowsエクスプローラ」「Microsoft Data Access Components」の脆弱性。いずれも脆弱性を攻撃されるとコンピュータを乗っ取られるおそれがある。

また、重要として「Outlook Express 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (MS06-016)」、警告として「Microsoft Front Page Server Extensions の脆弱性により、クロスサイトスクリプティングが起こる (MS06-017)」が公開されている。

2006 年4月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-apr.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社