Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソフト、暴露ウイルス感染で顧客情報や名簿がWinny上へ流出

日立ソフトウェアエンジニアリングは、同社顧客に関する情報や名簿が社員所有PCからWinny上へ流出していたことを明らかにした。

流出した情報は、同社が受託している顧客のシステム開発情報と社員が個人的に作成した名簿。名簿には百数十人分の個人情報が含まれていたという。

流出の原因はいわゆる暴露ウイルスの感染だった。同社では流出の拡大を防止するため、公表を慎んでいたという。同社では今回の事件を受け、情報が持ち出しについて一斉点検を実施したという。

(Security NEXT - 2006/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性