Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

退職医師のPC盗難で患者情報が流出 - 虎の門病院

虎の門病院は、退職した医師の自宅から、同医師が担当していた入院患者の個人情報が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

盗難に遭ったパソコンには、入院患者144名分の氏名、住所、生年月日、年齢、性別、入退院月日、病状などの個人情報が記録されていた。また、氏名、生年月日、住所が含まれないデータも123名分あったという。パソコンにはパスワードが設定されていた。

同医師は3月に退職したばかりで、3月30日から4月6日まで自宅を留守にしていた間に盗まれたという。同医師は、ただちに盗難届を提出、同院では該当する患者に対し、文書と電話で謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院