Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

退職医師のPC盗難で患者情報が流出 - 虎の門病院

虎の門病院は、退職した医師の自宅から、同医師が担当していた入院患者の個人情報が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

盗難に遭ったパソコンには、入院患者144名分の氏名、住所、生年月日、年齢、性別、入退院月日、病状などの個人情報が記録されていた。また、氏名、生年月日、住所が含まれないデータも123名分あったという。パソコンにはパスワードが設定されていた。

同医師は3月に退職したばかりで、3月30日から4月6日まで自宅を留守にしていた間に盗まれたという。同医師は、ただちに盗難届を提出、同院では該当する患者に対し、文書と電話で謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
「Triton Inference Server」や「ChatRTX」の脆弱性を修正 - NVIDIA
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院
WordPress向け学習管理プラグインにSQLインジェクションの脆弱性
都内中小企業を対象としたセキュ対策助成金の募集がスタート
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
ゼロデイ脆弱性を修正した「Microsoft Edge」のアップデートが公開
先週注目された記事(2024年5月5日〜2024年5月11日)
X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
小学校と中学校で個人情報の紛失が判明 - 尼崎市