Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統合管理ソフト「e-Care」上でWinnyを自動削除 - ソリトン

ソリトンシステムズは、Winnyの削除機能を備えた統合管理ソフトウェア「e-Care4.05」を発売した。

「e-Care」は、ウイルス定義ファイルの自動インストールやソフトウェアのライセンス管理、持ち込みパソコンの自動検出といった機能を備えた統合管理ソフトウェア。

「e-Care4.05」では、管理用ソフトとクライアント用ソフトで構成され、クライアントPC内のWinnyを検出。Winnyを発見次第、管理者への通知した上で自動的に削除する。

(Security NEXT - 2006/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応