Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統合管理ソフト「e-Care」上でWinnyを自動削除 - ソリトン

ソリトンシステムズは、Winnyの削除機能を備えた統合管理ソフトウェア「e-Care4.05」を発売した。

「e-Care」は、ウイルス定義ファイルの自動インストールやソフトウェアのライセンス管理、持ち込みパソコンの自動検出といった機能を備えた統合管理ソフトウェア。

「e-Care4.05」では、管理用ソフトとクライアント用ソフトで構成され、クライアントPC内のWinnyを検出。Winnyを発見次第、管理者への通知した上で自動的に削除する。

(Security NEXT - 2006/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
「Triton Inference Server」や「ChatRTX」の脆弱性を修正 - NVIDIA
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院
WordPress向け学習管理プラグインにSQLインジェクションの脆弱性
都内中小企業を対象としたセキュ対策助成金の募集がスタート
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
ゼロデイ脆弱性を修正した「Microsoft Edge」のアップデートが公開
先週注目された記事(2024年5月5日〜2024年5月11日)
X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
小学校と中学校で個人情報の紛失が判明 - 尼崎市