Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

sendmailに脆弱性、JPCERT/CCが注意呼びかけ

JPCERTコーディネーションセンターは、sendmailに脆弱性があるとして、対策済みバージョンへのアップデートか、パッチを適用するよう注意を呼びかけている。

対象となるバージョンは、sendmail 8.13.5 およびそれ以前。問題となっている脆弱性に攻撃を受けた場合、sendmailを実行しているユーザー権限で任意のコードが実行される可能性があるという。

同社では、インターネットのアクセス状況を定点観測しているが、同脆弱性を狙った 25ポートや587ポートへのスキャン増加は3月22日の時点では、確認していないとしている。

JPCERTコーディネーションセンター
http://www.jpcert.or.jp/

(Security NEXT - 2006/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性12件を修正
「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も