Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

sendmailに脆弱性、JPCERT/CCが注意呼びかけ

JPCERTコーディネーションセンターは、sendmailに脆弱性があるとして、対策済みバージョンへのアップデートか、パッチを適用するよう注意を呼びかけている。

対象となるバージョンは、sendmail 8.13.5 およびそれ以前。問題となっている脆弱性に攻撃を受けた場合、sendmailを実行しているユーザー権限で任意のコードが実行される可能性があるという。

同社では、インターネットのアクセス状況を定点観測しているが、同脆弱性を狙った 25ポートや587ポートへのスキャン増加は3月22日の時点では、確認していないとしている。

JPCERTコーディネーションセンター
http://www.jpcert.or.jp/

(Security NEXT - 2006/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性