Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

蒼天、クライアント管理ソフトにプロセス検出機能を追加

蒼天は、アプリケーションのプロセスを検出、監視する機能を追加したクライアント管理ソフト「LogVillage」を4月上旬より発売する。

同製品は、クライアントPCの操作履歴や稼働状況を監視してセキュリティ管理を行うソフト。許可されていない外部記憶装置への接続やアプリケーションのインストールなど、不正操作を監視、検出して管理者に通報する。

あらたに追加された「プロセス検出機能」では、クライアントPCで実行されるプロセスを記録できるため、「Winny.exe」などあらかじめ使用禁止として設定したアプリケーションの起動を検知すると、管理者にアラートを送信する。収集したログを検索して、起動したパソコンを特定することも可能。

ソフト本体の価格は77万4900円から。追加機能として提供されるプロセス検出機能は、10万5000円からとなっている。クライアント数は無制限。

(Security NEXT - 2006/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消