Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンSS、メールやウェブアクセスの記録を保存するアプライアンス

キヤノンシステムソリューションズは、メールやウェブの通信を監視するアプライアンス「GUARDIANBOX ProCap」を3月24日に発売する。価格は150万円。保守費用は別途必要。また、オプションとしてテープバックアップを提供する。

同製品は、中小企業向けアプライアンス「GUARDIANBOX」シリーズの新製品。電子メールの送受信やウェブサイトへのアクセス、FTPによるファイル転送などの履歴やデータを記録、保存する。

さらに、特定のアドレスやキーワードを登録することで、ポリシーに違反した際、アラートメールを送信することが可能。

(Security NEXT - 2006/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医薬品開発支援のリニカル、今度は欧州子会社にサイバー攻撃 - 身代金要求の脅迫も
バイク関連製品通販サイトで個人情報流出のおそれ - 3Dセキュアも
「macOS」にアップデート - ゼロデイ脆弱性にも対応
個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP