Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員のPCから簡易保険加入者の個人情報などが流出 - 嘉穂郵便局

日本郵政公社九州支社は、福岡県内の嘉穂郵便局において、職員の私用パソコンがウイルスに感染し、簡易保険利用者の個人情報などがWinnyネットワーク上に流出したと発表した。

同発表によれば、流出したのは1999年ごろから2006年1月下旬ごろまでに同職員が自宅で作成した資料。顧客の個人情報116名分が記載された集金一覧リスト、および21名分が記載された保険団体加入者リストなどが含まれる。また、郵便局職員の個人別営業成績57名分も含まれていた。

3月6日の流出発覚後、ただちに該当する顧客に対し報告と謝罪をした。同支社では、各郵便局に個人情報の管理を徹底するよう指導して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県