Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防署職員名簿など業務資料がネット上に流出 - 各務原市

各務原市は、同市の消防署員が個人で所有するパソコンがウイルスに感染し、職場から持ち出した業務資料などがネット上に流出したと発表した。

同市によれば、流出したのは同市消防署が保有する業務資料で、職員名簿や防火対象物関係者の個人情報などが含まれていた。東消防署署員の私有パソコンからウイルス感染により漏洩したもので、2月6日に総務省から岐阜県経由で指摘があり判明した。

同市では全職員に対して、個人情報の外部持ち出し禁止を徹底するよう再度指導したという。またセキュリティ管理者に対し、外部への情報持ち出しや、ファイル交換ソフトなど無許可ソフトウェアの導入などが行われていないか確認したとしている。

(Security NEXT - 2006/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高の配布プリント裏面に模試結果 - 佐賀県
東京オリパラ踏まえた脅威対策でオンラインシンポジウム - JC3ら
9月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模の攻撃は約4.4Gbps - IIJ調査
「サブスク」のトラブル相談、毎月約500件 - 「登録メアドがわからない」「解約し忘れ」
医薬品開発支援のリニカル、今度は欧州子会社にサイバー攻撃 - 身代金要求の脅迫も
バイク関連製品通販サイトで個人情報流出のおそれ - 3Dセキュアも
「macOS」にアップデート - ゼロデイ脆弱性にも対応
個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開