Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

読売江東理工専門学校、卒業生の個人情報がネット上に流出

読売理工学院は、同学院が運営する読売江東理工専門学校において、教員の私用パソコンがウイルスに感染し、同校に在籍していた学生1036名分の個人情報が、Winnyネットワーク上に流出したと発表した。

流出したのは、同校の1999年度、および2003年度の学生名簿で、1036名分の氏名、住所、電話番号、成績表などが含まれる。匿名による流出の指摘を受け、調査した結果、流出が判明したという。

同校では、該当する卒業生に対し謝罪の文書を送付する。また、個人情報の学外持ち出しやP2Pソフトの利用などを禁止するなど、また再発防止に向けて教職員に指導するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加