Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

読売江東理工専門学校、卒業生の個人情報がネット上に流出

読売理工学院は、同学院が運営する読売江東理工専門学校において、教員の私用パソコンがウイルスに感染し、同校に在籍していた学生1036名分の個人情報が、Winnyネットワーク上に流出したと発表した。

流出したのは、同校の1999年度、および2003年度の学生名簿で、1036名分の氏名、住所、電話番号、成績表などが含まれる。匿名による流出の指摘を受け、調査した結果、流出が判明したという。

同校では、該当する卒業生に対し謝罪の文書を送付する。また、個人情報の学外持ち出しやP2Pソフトの利用などを禁止するなど、また再発防止に向けて教職員に指導するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性
スズキ海外子会社にサイバー攻撃、工場が一時操業停止
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大