Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力、システム不備で振込用紙を誤送付

中部電力は、顧客情報が記載された2件分の電気料金振込用紙を誤って別の顧客に送付したと発表した。原因は、振込用紙封入システムの不備だったという。

誤送付された振込用紙には、顧客の氏名、住所、顧客番号、電気料金などが記載されていた。自動で振込用紙を封入するシステムの設定条件に問題があったため、誤って別の顧客の封筒に封入され、そのまま郵送されたという。

同社では、該当する顧客に対し謝罪した。またシステムの不備を修正するとともに、また、過去に同様の誤送付が発生していないか調査を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト