Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力、システム不備で振込用紙を誤送付

中部電力は、顧客情報が記載された2件分の電気料金振込用紙を誤って別の顧客に送付したと発表した。原因は、振込用紙封入システムの不備だったという。

誤送付された振込用紙には、顧客の氏名、住所、顧客番号、電気料金などが記載されていた。自動で振込用紙を封入するシステムの設定条件に問題があったため、誤って別の顧客の封筒に封入され、そのまま郵送されたという。

同社では、該当する顧客に対し謝罪した。またシステムの不備を修正するとともに、また、過去に同様の誤送付が発生していないか調査を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消