Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KLabセキュリティ、個人情報検索ソフト「P-Pointer」をバージョンアップ

KLabセキュリティは、PC内の個人情報を把握できるソフトウェア「P-Pointer」の最新版を2月14日に発売する。

同製品は、企業内のファイルサーバやクライアントPC内に存在する、個人情報を含むファイルを探索するソフトウェア。

最新版となる「同3.0」では、クライアントへソフトウェアのインストールが不要となったほか、専用サーバを用意しなくても利用できる。また、クライアントで個人情報のスキャン結果をリアルタイムに表示でき、不要ファイルを削除できるなど操作性が向上している。

(Security NEXT - 2006/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委