Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KLabセキュリティ、個人情報検索ソフト「P-Pointer」をバージョンアップ

KLabセキュリティは、PC内の個人情報を把握できるソフトウェア「P-Pointer」の最新版を2月14日に発売する。

同製品は、企業内のファイルサーバやクライアントPC内に存在する、個人情報を含むファイルを探索するソフトウェア。

最新版となる「同3.0」では、クライアントへソフトウェアのインストールが不要となったほか、専用サーバを用意しなくても利用できる。また、クライアントで個人情報のスキャン結果をリアルタイムに表示でき、不要ファイルを削除できるなど操作性が向上している。

(Security NEXT - 2006/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
「送信ドメイン認証」導入マニュアルに第3版 - 「DMARC」導入を解説
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処