Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小型ICタグを使った記憶媒体管理システム - 日立情報システムズ

日立情報システムズは、小型の無線ICタグ「RFID」を利用した記憶媒体管理システム「Chipin/Media」を4月より発売する。

同製品は、企業などが保有する記憶媒体の管理に特化したRFIDパッケージ。日立製作所が開発した小型の無線ICタグ「ミューチップ」を採用している。

持ち出しや複写が容易とされる記憶媒体に無線ICタグを貼り付けることで、情報の厳正な管理を実現する。また、入庫、出庫などの持ち出し管理や、保管場所、所在の確認作業を効率的に行えるとう。

同時複数読取機能により複数のICタグを一度に読み取ることができるほか、ラックや引き出しから取り出して確認しなくても、そのまま棚卸ができる小型棚卸端末が搭載されている。また、記憶媒体の貸出、返却管理および閲覧記録の管理なども行える。

(Security NEXT - 2006/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「EC-CUBE」の一覧画面をカスタマイズするプラグインに脆弱性
画像処理ソフト「Ghostscript」にRCE脆弱性 - パッチの適用を
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス
イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 神戸海星女子学院大
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所