Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小型ICタグを使った記憶媒体管理システム - 日立情報システムズ

日立情報システムズは、小型の無線ICタグ「RFID」を利用した記憶媒体管理システム「Chipin/Media」を4月より発売する。

同製品は、企業などが保有する記憶媒体の管理に特化したRFIDパッケージ。日立製作所が開発した小型の無線ICタグ「ミューチップ」を採用している。

持ち出しや複写が容易とされる記憶媒体に無線ICタグを貼り付けることで、情報の厳正な管理を実現する。また、入庫、出庫などの持ち出し管理や、保管場所、所在の確認作業を効率的に行えるとう。

同時複数読取機能により複数のICタグを一度に読み取ることができるほか、ラックや引き出しから取り出して確認しなくても、そのまま棚卸ができる小型棚卸端末が搭載されている。また、記憶媒体の貸出、返却管理および閲覧記録の管理なども行える。

(Security NEXT - 2006/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施