Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDEと日本IBM、中小企業向けメールセキュリティソリューションを発売

ホライズン・デジタル・エンタープライズと日本IBMは、中堅企業向けとしてメールセキュリティソリューション「Eメール・セキュリティ・アプライアンス・シリーズ」発売した。価格は85万8000円から。

同シリーズは、「IBM Expressポートフォリオ」対応モデルに、HDEのメールフィルタリングソフトウェア「HDE Mail Filter」やサーバー用ウィルス対策ソフトウェア「HDE Anti-Virus」、スパムメール/フィッシングメール対策ソフトウェア「HDE Anti-Spam」などを組み合わせたもの。

販売は、HDEとダイワボウ情報システムが担当。ダイワボウ情報システムでは、関連会社であるディーアイエステクノサービスと連携し、設定や保守、サポートを提供する。

(Security NEXT - 2006/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
PCR検査の結果を同姓の別人にメール送信 - 読谷村
資料請求者間で個人情報が閲覧可能に - 高校生の進路支援サイト
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性