Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大和証券SMBC、三井住友フィナンシャルグループ株を誤発注

大和証券SMBCは、委託注文を取り次いだ際、銘柄を誤り、三井住友フィナンシャルグループの株を誤って売約したと発表した。同社では同日中にすべて買い戻している。

同社によれば、他の銘柄について顧客より売り注文を受けたが、その際に銘柄を誤り、三井住友フィナンシャルグループ株を25000株を寄りつき時に誤って売り注文を出したという。

注文後、誤りに気が付いたが、間に合わず、113万円で1万3417株が約定。同社では前場中にほぼすべての株を買い戻したという。同社では株価へ影響を与えた可能性があるとし、事実を公表した。

同株の寄りつきは、前日終値より安い113万円で寄りついた。その後上昇し前引には119万円まで上昇した。後場は118万前後でもみ合いとなり、終値は118万円だった。

(Security NEXT - 2006/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
「ドコモ口座」の不正チャージ被害、ひとまず補償を完了
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市