Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大和証券SMBC、三井住友フィナンシャルグループ株を誤発注

大和証券SMBCは、委託注文を取り次いだ際、銘柄を誤り、三井住友フィナンシャルグループの株を誤って売約したと発表した。同社では同日中にすべて買い戻している。

同社によれば、他の銘柄について顧客より売り注文を受けたが、その際に銘柄を誤り、三井住友フィナンシャルグループ株を25000株を寄りつき時に誤って売り注文を出したという。

注文後、誤りに気が付いたが、間に合わず、113万円で1万3417株が約定。同社では前場中にほぼすべての株を買い戻したという。同社では株価へ影響を与えた可能性があるとし、事実を公表した。

同株の寄りつきは、前日終値より安い113万円で寄りついた。その後上昇し前引には119万円まで上昇した。後場は118万前後でもみ合いとなり、終値は118万円だった。

(Security NEXT - 2006/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 「クリティカル」含む脆弱性26件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性19件を修正
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
「dアカウント」の奪取狙う「偽NTTドコモ」のフィッシング攻撃に注意
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
「macOS」向けにゼロデイ脆弱性を修正するアップデート