Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECフィールディング、82件の顧客情報をネット上に流出

ウイルスに感染により、NECグループ会社であるNECフィールディングの顧客情報82件や社内資料などがWinnyネットワーク上に流出した。

社員の仕様パソコンへウイルスが感染し、Winnyへ流出したもので、販売したIT機器の保守に関する情報や見積書などが流出。また、保守マニュアルや修理手順書などの社内資料も含まれる。該当する顧客に対しては、個別に連絡して事実説明と謝罪をした。

NECグループでは、個人用パソコンで業務関連データを扱うことを禁止していたという。今回の流出事故を受け、グループ企業全体で情報管理のルールを再徹底したいとしている。

NECフィールディング
http://www.fielding.co.jp/

(Security NEXT - 2006/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強