Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秘密分散法を採用したメールソフトを発売 - 日立

日立製作所は、秘密分散法によりメールを複数に分割して送受信することで情報漏洩を防ぐセキュリティソリューション「メール割符」を11月1日より発売する。

同製品は、データを複数に分割することで漏洩を防ぐ秘密分散法をメールに応用したもの。専用のUSBフラッシュメモリに搭載されており、パソコンに差し込むだけで起動、利用できる。

メールの本文および添付ファイルを割符化して送信するとともに、受信しても専用メモリがないと復号化できない。また、パソコンには分割された状態で保存されるため、盗難時にも情報の漏洩を防ぐことができる。

価格は、ソフトウェア内蔵のUSBフラッシュメモリを含む、10ユーザーライセンス分の基本セットが36万7500円から。

(Security NEXT - 2005/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か