Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秘密分散法を採用したメールソフトを発売 - 日立

日立製作所は、秘密分散法によりメールを複数に分割して送受信することで情報漏洩を防ぐセキュリティソリューション「メール割符」を11月1日より発売する。

同製品は、データを複数に分割することで漏洩を防ぐ秘密分散法をメールに応用したもの。専用のUSBフラッシュメモリに搭載されており、パソコンに差し込むだけで起動、利用できる。

メールの本文および添付ファイルを割符化して送信するとともに、受信しても専用メモリがないと復号化できない。また、パソコンには分割された状態で保存されるため、盗難時にも情報の漏洩を防ぐことができる。

価格は、ソフトウェア内蔵のUSBフラッシュメモリを含む、10ユーザーライセンス分の基本セットが36万7500円から。

(Security NEXT - 2005/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正