Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力、顧客情報入り検針端末が所在不明

中部電力は、長野営業所において、131戸の顧客情報が含まれた検針携帯用端末を紛失したと発表した。

紛失した端末機には2005年5月10日および11日の検針予定分131戸の契約情報が含まれていた。同社によれば、今年の5月10日に同端末に不具合が発生、同営業所に持ち帰っていたが、10月12日に端末機の点検を行った際、紛失が判明したという。営業所内を捜索したが見つかっていない。

同社では該当する顧客に事実説明と謝罪を行った。また、委託検針員および従業員に対して個人情報保護への意識強化を図り、適正管理を徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性