Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力、顧客情報入り検針端末が所在不明

中部電力は、長野営業所において、131戸の顧客情報が含まれた検針携帯用端末を紛失したと発表した。

紛失した端末機には2005年5月10日および11日の検針予定分131戸の契約情報が含まれていた。同社によれば、今年の5月10日に同端末に不具合が発生、同営業所に持ち帰っていたが、10月12日に端末機の点検を行った際、紛失が判明したという。営業所内を捜索したが見つかっていない。

同社では該当する顧客に事実説明と謝罪を行った。また、委託検針員および従業員に対して個人情報保護への意識強化を図り、適正管理を徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
自動返信メールで設定ミス、問合メールが全登録者に - トヨクモ
「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超