Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマダ電機、ネットショップでスパイウェア駆除サービスを無償提供

ヤマダ電機は、同社ネットショップ「ヤマダ電機WEB.COM」において、「ユーザー向けスパイウェア検知および駆除サービス」の無償提供を開始した。

同サービスは、ネクステッジテクノロジーのスパイウェア対策製品「X-Cleaner マイクロスキャナ」を採用し、スパイウェアの検知、駆除サービスを提供するもの。同サイトで商品を購入したユーザーだけに留まらず、同サイトへの訪問者全員に対して無料で提供される。

ASP方式で提供されるため、ユーザー側でのソフトのインストールは不要。また、どのブラウザでも利用が可能となっている。検出結果はネクステッジテクノロジーのスパイウェア情報サイトで集計され、参照できる。

(Security NEXT - 2005/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」