Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アフラック、ウイルスでWinny上に顧客情報が流出

アフラックは、宮崎県内の代理店においてウイルス感染により顧客情報が流出する事故が発生したと発表した。

発表によれば、Winny経由で同代理店所有のパソコンがウイルスに感染。同店管理の564名分の顧客情報がWinnyネットワーク上に流出したたもので、氏名、住所、電話番号、証券番号などが含まれる。そのうち2名については口座情報が、79名については医療情報などが含まれていた。流出期間は2005年4月4日から9月29日までで、ウイルスは判明した9月30日に駆除された。

同社では、該当する顧客に対し事実説明と謝罪をした。また代理店に対し、ウイルス対策の強化やソフトウェアを取り扱う際の注意事項などを指導して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート