Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3692件の顧客情報を記録したマイクロフィルムを紛失 - 大和証券SMBC

大和証券グループ本社は、グループ会社である大和証券SMBCにおいて、顧客情報が記録されたマイクロフィルムの紛失が判明したと発表した。

今回紛失が明らかになったのは、同社決済部大阪決済課が保管管理していたマイクロフィルム5枚。フィルムには、大阪支店法人部門が扱う従業員積立投資プラン個人台帳が記録されており、調査の結果、顧客3692名の氏名や取引状況などが記載されていることが判明した。

28日の時点でも紛失したマイクロフィルムは発見されていない。同社では誤破棄の可能性が高いとしている。同社では、顧客情報が含まれた携帯電話の紛失について今月15日に発表していた。再発防止策として、顧客情報の管理体制の強化を進めるとしている。

(Security NEXT - 2005/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も