Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3692件の顧客情報を記録したマイクロフィルムを紛失 - 大和証券SMBC

大和証券グループ本社は、グループ会社である大和証券SMBCにおいて、顧客情報が記録されたマイクロフィルムの紛失が判明したと発表した。

今回紛失が明らかになったのは、同社決済部大阪決済課が保管管理していたマイクロフィルム5枚。フィルムには、大阪支店法人部門が扱う従業員積立投資プラン個人台帳が記録されており、調査の結果、顧客3692名の氏名や取引状況などが記載されていることが判明した。

28日の時点でも紛失したマイクロフィルムは発見されていない。同社では誤破棄の可能性が高いとしている。同社では、顧客情報が含まれた携帯電話の紛失について今月15日に発表していた。再発防止策として、顧客情報の管理体制の強化を進めるとしている。

(Security NEXT - 2005/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性