Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住友林業、顧客情報120件を記載した手帳を紛失

住友林業は、埼玉住宅営業部に所属する営業担当者が、9月3日に顧客の個人情報120件分を記した手帳を紛失したと発表した。

同社によれば、紛失したのは営業目的で作成した顧客リスト。ただちに紛失届を提出するとともに、該当する顧客に対し、電話や個別訪問により事実説明と謝罪をしているという。

同社では、持ち出す個人情報は当日使用する分に限定し、必要以上の個人情報は外に持ち出さないことや、短時間でも個人情報の含まれるものを目の届かないところに置かないなど、社内ルールの再徹底を行って再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施