Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

積水ハウス、3件の個人情報流出事故を公表 - なりすましによる詐取も

積水ハウスは、7月に3件の個人情報紛失事故が発生したと発表した。

同社によれば、最初の事故は7月5日で、中部地区の社員が車上荒らしに遭い、顧客情報が記載された手帳を紛失したという。顧客の住所や氏名、電話番号など、30件の顧客情報が含まれていた。

さらに7月15日、近畿地区の同社事業所へ同社社員の実名を騙る人物より電話があり、氏名や住所、商品名、床面積、請負金額、引き渡し日など顧客情報2件が聞き出される被害にあったという。その後なりすましであることが判明した。

また、7月22日に、同社中部地区の社員が展示場の引き合いカード147枚を搬送途中、車を修理に出すため、駐車場でいったん降ろしたところ、そのまま忘れたという。カードには氏名や住所、電話番号が記載されていた。紛失したカードはその後拾得物として警察へ届けられ、回収された。

いずれも事故判明後、同社では該当する顧客へ責任者が事情を説明したとしている。今後は、営業車内へかばんなどを放置しないことや、電話を折り返すことによる社員の確認、多数の個人情報を扱う作業中に他の業務を入れないなど、再発防止策を進めるという。

(Security NEXT - 2005/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、172件2776万円に
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」