Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護法へ対策を取っている中小企業は約2割 - 京都

京都市は、同市内の中小企業を対象に個人情報保護法に関する調査を実施し、結果を公表した。

今回の調査では、800社に対して郵送でアンケートを送付。473社が回答した。個人情報保護法へ「対策を取っている」との回答はわずか19.2%に留まり、「現段階では対策を取っていない(42.4%)」「対策を取っていない(38.4%)」と対策の遅れが浮き彫りとなった。

経営に影響があると考える企業は約1割と低い結果となった。一方で影響があるとした企業の半数以上はすでに対策を取っており、,今後検討予定の企業と合わせると,9割以上の企業が対策を取ったり、今後対策する予定にあるという。また、影響がないとする企業も67.1%に上ったが、6割以上が何らかの対策を取っているか、今後の対策が必要との考えを持っている。

対策については、従業員の教育が73%でトップ。盗難の防止が34.2%、利用目的の公表が23.6%と続いた。

(Security NEXT - 2005/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団