Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友銀行、約6万件の顧客情報が記録されたマイクロフィルムなどを紛失

三井住友銀行は、全店において、顧客情報が含まれる各種資料の保管状況を調査したところ、153カ店で合わせて6万1405件の顧客情報が記録されたマイクロフィルムなどの紛失が判明したと発表した。

同行によれば、紛失したのはマイクロフィルムに記録されていた5万7126件、各種申込書に記載されていた422件、およびその他の資料に記載されていた3857件の顧客情報で、氏名、口座番号、預金残高などが含まれていた。

6月30日時点では発見されていないが、内部調査の結果、行内で誤って破棄した可能性が高いという。同行では、専用の問い合わせ窓口を設置して対応するとともに、再発防止に向け、顧客情報の管理を再度徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処