Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSと警察庁、情報セキュリティ対策で技術協力

警察庁情報通信局情報技術解析課とマイクロソフトは、情報セキュリティ対策およびサイバー犯罪対策に連携して取り組むため、技術協力協定を締結したと発表した。

同課は、サイバー犯罪などに関連した電磁的記録の解析や、インターネット上のセキュリティ情勢の分析、およびサイバー攻撃からの重要インフラの防護に取り組んでいる。近年、悪質かつ高度化するサイバー犯罪に対抗するには、官民の密接な協力が不可欠だとして、今回の協定が実現した。

同協定に基づき、同社では捜査活動にあたって必要とされるセキュリティ情報を提供するほか、ホットラインの設置や技術トレーニングの実施などを通じて技術情報を提供し、同課をサポートするという。

(Security NEXT - 2005/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック