Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

拡大する米カード情報漏洩事件

米国で発生したクレジットカード情報の漏洩情報だが、信販系カード会社以外にも影響が広がっている。

ビューカードを発行しているJR東日本では、提携VISAカードが838名、提携マスターカードにおいては36名のカード情報が漏洩したおそれがあったという。VISAカードにおいては不正使用が18件、約362万円の被害が発生した可能性があるという。

びわこ銀行は、同行関連会社であるびわ銀カードが発行するクレジットカード会員の情報の一部が、米国のクレジットカード決済処理会社から流出した可能性があると発表した。

同行によれば、提携VISAカードが17名、提携マスターカードが1名に影響があるという。該当する会員に対してすでに個別連絡を行い、事実関係を報告したという。現時点で不正使用による被害は確認されていない。

いずれも、不正使用を監視しており、被害が発生した場合でも会員に負担は発生しないとしている。

(Security NEXT - 2005/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 89.0.1」が公開 - 脆弱性1件を修正
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
「AED」などの医療機器のリモート管理ソフトに深刻な脆弱性 - 米政府が注意喚起
個人情報を含む行政文書が所在不明に、文書移管時に判明 - 奈良県
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険