Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

兵庫県立光風病院、職員自宅のPCが盗まれ患者情報を紛失

兵庫県立光風病院は、6月9日に職員の自宅が盗難被害に遭い、患者の個人情報が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

同院によれば、盗難に遭ったパソコンには患者の氏名、年齢のほか、肥満度などのデータ、およびアンケート調査の回答を数字コードに置き換えたものが保存されていた。一部報道によれば133名分に上るという。盗難発覚後ただちに被害届を提出するとともに、中古市場などを調査して同パソコンの発見に努めているという。しかし6月26日時点では発見に至っていない。

同院では、窓口を設置して患者からの問い合わせに対応するという。また、現在保有している個人情報の管理状況を総点検するとともに、再度、個人情報の院外持ち出しの禁止などを全職員へ周知徹底させ、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト