Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、DoS攻撃対策機器の運用管理サービスを提供

ラックは、企業ネットワークへの過剰トラフィックによるDoS攻撃や、ワームの緩和と防止に効果的なMitigation装置の運用管理サービス「Mitigation24+」の提供を、2005年8月1日より開始する。

同サービスは、DoS攻撃対策などに効果的なMitigation製品の運用管理を行う、セキュリティアウトソーシングサービス。同社が運営する情報セキュリティオペレーションセンターが、ユーザー環境に設置された機器を、24時間365日体制で遠隔運用する。

また、ハードウェア障害発生時には切り分けを実行し、ユーザーに代わって機器交換依頼を行うほか、収集したログをもとにセキュリティイベントの集計をまとめたサマリーレポートを、月に1度作成する。なお、対象機器はトップレイヤーネットワークスの「Attack Mitigator IPS 5500」と、ラドウェアの「DefensePro」の2製品となっている。

(Security NEXT - 2005/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ