Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力、業務委託先が車上荒らしに遭い個人情報入り端末を紛失

中部電力は、5月20日に焼津市内で顧客の設備調査を委託している中部電気保安協会の職員が車上荒らしに遭い、個人情報が保存されている携帯用端末機を紛失したと発表した。

同社によれば、職員は、同端末をショルダーバックに入れ、車においたまま作業を行っていたが、保存されている個人情報を確認しようとした際、ショルダーバックがなくなっていることに気が付いたという。作業中、車は施錠されていなかった。

携帯用端末機には氏名、電話番号、契約内容、アパート管理人情報など、835件の個人情報が記録されていた。同社では、個人情報は、容易に閲覧できない仕組みになっているとしている。同社では警察へ被害届を提出、顧客に対して訪問し、説明、謝罪を行った。

(Security NEXT - 2005/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装