Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CDIとISS、IT技術を用いたテロや犯罪の情報分析センターを設立

サイバーディフェンスとインターネット セキュリティ システムズは、IT技術を用いたテロや犯罪の脅威データを収集、分析する「日本安全保障分析センタ(仮名)」を設立すると発表した。

同センターは、IT技術を用いたサイバーテロやサイバー犯罪の情報を収集、分析し、官公庁や一般企業などに対して、安全保障の視点に立った効果的な情報提供を行う事を目的としている。すでに準備室を設立して活動を開始しており、早ければ今秋にも、正式に発足させる予定だという。

今後は情報収集のほか、サイバー空間の安全保障に対する危機管理体制の提案や、専門的情報収集と分析強化を行う安全保障分析官の育成といった活動を展開していく予定だとしている。

(Security NEXT - 2005/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み